宮崎市佐土原歴史資料館

企画展

5月15日~6月14日 企画展「佐土原の伝統猟法 巨田池の鴨網猟」【終了しました】

 

巨田池で行われている貴重な伝統猟法を紹介する企画展です。

巨田池鴨網猟展巨田池鴨網猟展2

【期間】
平成29年5月15日(月)~6月14日(火)
9:00~16:30
【場所】
宮崎市佐土原歴史資料館 鶴松館
【開館時間】
9:00~16:30(※入館は16:00まで)
【休館日】
5月15日~6月14日は特別開館期間のため、休館日はありません。
【入場料】
無料

収蔵品展~宮崎市佐土原歴史資料館コレクション~【終了しました】

 ただ今、当館では企画展「収蔵品展~宮崎市佐土原歴史資料館コレクション~」を開催中です。

展示風景

本展は、当館の収蔵庫に眠っていた資料や、新収蔵資料をご紹介する企画展です。

鶴図

衝立画(捲)「鶴図」(当館蔵 絹本著色・作者不明・江戸中期か)

こちらの絵には、太陽を背に桃の木と海辺に遊ぶ鶴が描かれています。鶴は長寿の象徴、桃は生命の源を表わした、おめでたい吉祥画です。同様の構図の絵は、谷文晁の「海鶴幡桃図」でも描かれています。

この「鶴図」は、佐土原藩主が「城主列」となった際、徳川家より拝領したものと伝えられています。佐土原島津家では、第5代佐土原藩主 島津惟久(ただひさ;1675-1738)が、元禄12(1699)年4月15日に江戸幕府(5代将軍 徳川綱吉治政期)から「城主」の認可を得ています。「鶴図」も、この時期に与えられたものではないかと思われます。

_MG_0172

「天正年中佐土原城図」(上)・「佐土原藩譜巻之五・八・九」(下) 

この佐土原藩主 城主認可に至るまでには、ちょっとした一波乱があったのですが、その顛末を記した史料も展示しています。

「伊勢物語 布引の滝図」

 衝立画(捲)「滝図」(当館蔵 絹本著色・作者不明・江戸中期か)

こちらは「鶴図」とともに衝立の反対側の図であったもの。絵の構図から『伊勢物語』中の「布引の滝」のシーンを描いたものではないかと思われます。

本展では、こうした佐土原島津家に関する資料のほか、佐土原藩の藩士の名前や石高などを記した一覧「分限帳」(ぶげんちょう/ぶんげんちょう)や各藩士の邸宅を記した地図「佐土原城下図」など、佐土原藩に関する資料を展示しています。

また幕末期に尊皇攘夷派の公卿として活動し、維新後には太政大臣など政府要職を務めた三条実美(さねとみ)の書幅(掛軸)や佐土原藩とはお隣の高鍋藩秋月家当主 秋月種樹(たねたつ)の書幅、昨年度に当館へご寄贈頂いて、新しく収蔵された古銭類(460枚)や和鏡(5点)なども公開中です。

ぜひお越しください。

2016_syuzou_A4_ol

チラシPDF(クリックすると拡大表示されます)

展示資料目録PDF(クリックするとリンクします)

 


 

 
【期間】
平成28年7月2日(土)~9月4日(日)
【場所】
宮崎市佐土原歴史資料館 佐土原出土文化財管理センター
【開館時間】
9:00~16:30(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】
月曜日及び祝日の翌日(8月12日・15日を除く)
【入場料】
無料
ページトップへ